電子ピアノの上手な選び方

カシオの電子ピアノについて

カシオの電子ピアノの写真電卓や時計などの電機メーカーとして有名な「カシオ」ですが、実は電子ピアノの分野でも30年以上の経験があるんです。

楽器メーカーではないものの、電子ピアノの質は価格以上に高いものが多く、電子メーカーならではのデジタル技術が惜しみなく注ぎ込まれています。

シャープではっきりとした音が特徴で、コンパクトなデザインやリーズナブルな価格帯の機種が多いのも魅力です。

とにかく安さを求めるという方におすすめのメーカーとも言えるでしょう。

カシオの電子ピアノは、スタイリッシュタイプとキャビネットタイプに分かれていて、キャビネットタイプはデザインや音色、それから鍵盤の操作性などが極限までグランドピアノに近づけられています。一方、スタイリッシュタイプは、自宅でも簡単に演奏を楽しむことができるようにコンパクトで、鍵盤の操作も非常に軽いタッチとなっています。

カシオは、お子様のピアノの練習用にというよりは、趣味で演奏したいという大人の方が購入されることの多い電子ピアノです。


グランドピアノに比べると、電子ピアノの場合は音色の響きが劣ると言われていますが、カシオでは電子ピアノでも可能な限りグランドピアノに近い音源を搭載しているため、日頃から音楽に携わり、グランドピアノの演奏をしていると言う人でも満足する事が可能だと言われています。

グランドピアノを演奏している時と同じように、指先の動きだけでなくペダリングにもしっかりとこだわって電子ピアノを作ってくれているため、満足度が非常に高いと言われています。

カシオの電子ピアノは、天板部分が開けられるようになっており、音の広がりをプラスしています。
天板を開ける量の調節が可能になっていて、この屋根を開ける量によって音色の変化を楽しむことができるような機能も搭載されています。もちろん、天板を閉めた状態のままでも演奏を楽しめます。

カシオは、電子ピアノに限らず、様々な電子楽器に対して本家と同じような音源を楽しむ事が出来るという評判が以前から高いのですが、電子ピアノに関しては更に評判が高くなっており、カシオの電子ピアノを選ぶ人も沢山いると言われています。

鍵盤について

鍵盤を押し込んだ瞬間の微妙なタッチをセンサーが再現するという電子技術が、カシオの強みです。

これにより、タッチの違いによる発音や連打もフォローすることができ、アコースティックピアノに近い感覚での演奏が可能となります。

他のメーカーと同様に、バネを使用しない独自のハンマーアクション機構を搭載し、音域の違いによる鍵盤の重量バランスの変化など、ピアノの特性を再現しています。