電子ピアノの上手な選び方

ローランドの電子ピアノについて

ローランドの電子ピアノの写真Roland(ローランド)という名前を聞くと、外国のメーカーかと思われがちですが、日本の大手電子楽器メーカーで、日本で初めて電子ピアノを製造したのが「ローランド」になります。

シンセサイザーや電子ドラム、アンプといった音響機器など、さまざまな楽器を作っており、電子ピアノの技術もローランドからスタートしたものが多く、世界的にも定評があります。

ローランドの電子ピアノは、音量を調整するスイッチなど、小さな子どもでも分かりやすく表記されているのが特徴。

また、様々な部分にこだわって電子ピアノを選びたいという人にピッタリです。


ローランドの最大の特徴は『音源』です。

世界3大ピアノメーカー(スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン)をはじめとする海外有名ブランドの音をサンプリングし、それらを組み合わせることで華やかなローランドピアノの音を作り上げています。

まず音にこだわり、オーケストラで使用するような美しい音色が出るというのはもちろんですが、タッチにこだわりたいという人のために、非常に演奏しやすいような工夫があります。

鍵盤が軽く、戻りも早いため、テンポの速い曲を演奏する際にも不便に感じてしまうようなことがありません。

また、電子ピアノですから、デジタルの部分にもこだわり、グランドピアノには無い機能を兼ね備えています。

ピアノを初めて練習する人のために、指番号やドレミ番号・コード名や音楽記号など、豊富な情報量でピアノを演奏しながら楽しむことができます。

曲を再生する際にはテンポを変更する事も可能ですし、練習を行っていく中で助かるメトロノーム機能や録音記録なども備わっているので、趣味として使用するだけでなく本格的にピアノの上達を願っているという人にも人気があります。

ピアノを演奏して楽しむだけでなく、デザインとしても楽しむことができるので、そうした部分でも特に高級志向の人などから人気があるようです。