電子ピアノの上手な選び方

ヤマハの電子ピアノについて

ヤマハの電子ピアノの写真世界的にも有名なメーカーである「ヤマハ」。
学校の音楽室で、ヤマハ製のピアノを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

ヤマハが培ったアコースティックピアノづくりの技術力は、電子ピアノにもバランス良く受け継がれています。

クラシックを中心に弾くような場合には、ヤマハの電子ピアノが最適です。また、もっとも定番のメーカーと言えるので、安心感を求める方にもおすすめです。

下位・中位・上位モデルといった豊富で幅広いラインナップが魅力で、多彩な機能を搭載したアイテムが多いのも、ヤマハの電子ピアノの特徴の一つです。

中でも有名なのが、「Clavinova(クラビノーバ)」と「ARIUS(アリウス)」でしょうか。

「クラビノーバ」にはCLPシリーズとCVPシリーズがあり、CLPは音とタッチにこだわった機能的にはシンプルなタイプのモデルです。CVPはというと、自動伴奏機能やガイド機能などがついた多機能モデルになっています。しかし、ピアノをこれからはじめたいという方にはCLPの機能でも十分といえるでしょう。

「アリウス」のYDPシリーズは、機能を絞ったシンプルな電子ピアノで、低価格でありながら基本性能が高く、最近人気があるようです。


グランドピアノでの演奏には必ず音色に余韻が残りますが、電子ピアノの場合には、この余韻を残すのは難しいと言われています。

しかし、ヤマハの電子ピアノは、この余韻の部分に関して非常に巧妙な精度になっているため、しっかりと余韻を含みながら演奏する事が可能だと言われています。

ヤマハの電子ピアノは複数の種類がありますが、鍵盤にも様々なデザインがあり、象牙調の鍵盤や一般的な鍵盤のものなどがあります。

また、ヤマハの電子ピアノの中には組み立て式のものもあり、集合住宅等に住んでいる人でも購入しやすいと言う特徴があります。

この他、アンプを使用した際の出力用もスピーカーに応じた音質のグレードアップなどが可能になっているため、幅広く使用する事が可能となります。

ヤマハで取り扱っている電子ピアノは、アンプの出力が30ワットと40ワットのタイプがあり、使用する目的や環境に応じて変えていくと良いと言われています。

また、電子ピアノはヘッドホンなどを使用すると音が分かりにくくなってしまうという特徴がありますが、この部分に関してもヤマハの電子ピアノではしっかりと改善されていて、実際の生演奏を行っている時と同じような音を楽しむことが可能だと言われています。

ヤマハでは、多くのグランドピアノなども販売されていますし、ミュージシャンの方々もヤマハのグランドピアノを演奏している事が多いのですが、こうした大きなグランドピアノの良い所をしっかりと詰め込んだ電子ピアノになっているので、初めて電子ピアノ購入する人や日頃グランドピアノに触れていて自宅用に電子ピアノを購入する人でも満足できると言われています。