電子ピアノの上手な選び方

電子ピアノを中古で買うメリットとデメリット

電子ピアノを購入する際、お店で新品を買うという方法以外に「中古の商品を買う」という選択肢もあります。

以前よりも中古品の市場が拡大している分、目当ての商品が探し出しやすくなったため、最近では新品ではなく中古の電子ピアノを購入する人も増えてきているようですね。

中古の電子ピアノを販売しているのは、地域のリサイクルショップや楽器店、インターネット等、さまざまです。

それでは、新品か中古品かによって、どういった違いがあるのでしょうか?

電子ピアノを中古で購入するのは、メリットだけではありません。デメリットもありますので、しっかりと知っておくことが大切です。

中古のデメリット

まず、デメリットを挙げるとすれば、新品とは違い中古品には在庫がないため、すべての商品がその時々の一点ものとなります。

そのため、なるべく早く欲しいと考えていても、目当ての電子ピアノを探すのに時間がかかってしまったり、購入しようか悩んでいる間に他の誰かに買われてしまうと、もう同じ型番の商品は見つからないという可能性もあります。

特に現行機種やその一世代前などの比較的新しい商品は、なかなかお目にかかれません。中古市場に多いのは、二世代以上前のものなんです。

また、中古の電子ピアノになりますと、無償で修理を受けられるメーカー保証期間を過ぎているものがほとんどだと考えた方がよいでしょう。

オークションやフリマアプリなど、お店ではなく個人間での取引の場合は、不具合の明記がなかったり、約束の日に届かなかったりといったトラブルになりやすいというリスクもありますので、十分に注意してください。

中古のメリット

では、電子ピアノを中古で購入するメリットとは何でしょうか。

中古の場合には、やはり購入する費用がとてもリーズナブルだという点が大きなメリットになりますよね。

もともと電子ピアノは、普通のピアノと比べてそれほど値段の高いものではありませんが、いざ購入するとなると、まとまった出費になるため、たとえ中古でも安く買うことができるのはとても助かるのではないでしょうか。 ⇒ ⇒ ⇒ 【楽天市場】中古電子ピアノ販売 ビッグ10

しかも、たとえば10万円前後で販売されている中古品は、新品時の販売価格が15~20万円くらいの商品だったと考えられます。これを5~10万円の新品の電子ピアノと比較してみると、古いとはいえ搭載されている鍵盤や音質は中古の商品の方が断然優れていると言えるでしょう。

ですから、「なるべく品質の良いものにしたいけど、予算は抑えたい」という方で、新品であることにこだわりがないのであれば、中古で電子ピアノを購入するのが一番おすすめです。

デメリットとしてメーカーの保証期間について挙げましたが、中古の電子ピアノには、それほど長い期間ではありませんが、販売しているお店の保証が付いていたりします。

その他に、中古で購入する場合、電子ピアノだけではなく電子ピアノのお手入れに必要な道具がセットになっていたり、オプション品も一式そろっているようなケースもあるので、こうした部分もメリットと言えるでしょう。

「中古の電子ピアノはちょっと…」という、中古の商品に対する不安や抵抗の声を聞くことがありますが、中古品だからといって「古くて状態が悪いものしかない」ということは決してありません。

マルとバツの札を持った女性のイラストなぜなら、「まだ全然使えるけど、引越先に置くスペースがないから」だったり、「買ったばかりだけど、上位機種が欲しくなってしまったから」等の理由で、それほど年数の経っていない電子ピアノを手放す人も多いからです。

ピアノを始める際、価格の面で悩むことがあるかと思いますが、新品の電子ピアノを購入するよりも、そのハードルを下げるてくれるという点から、中古電子ピアノという選択肢を考えてみてもよいのではないでしょうか。